きもの渡久

鹿児島市の着物屋 渡久。七五三や成人式の振袖、訪問着など多数取り揃えております。

お宮参り着物

お宮参りとは

お宮参りは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つです。 生後1ヵ月頃の都合の良い日を選んで、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に参拝し、お子さんの誕生を祝い健康と長寿を祈ります。 正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とする地域が多いようですが、天候や休日等の都合に合わせれば良いです。

宮参りの着物の着せ方

着用前にしつけ糸を外します。付紐の飾り糸は外さないようにしましょう。まず赤ちゃんの肌着の上にベビードレスや白羽二重の内着を着せます。その上から掛け着(晴れ着)を羽織らせ、赤ちゃんを抱いた状態で、抱っこしているおばあちゃんの首の後ろで付紐を結びます。地域によっては付紐にお守りを結びつける地方もあるようです。夏場は非常に暑くなりますので、赤ちゃんの体温調整には十分に気を配りましょう。

お宮参りの着物を七五三用に仕立て直し

お宮参りの着物を仕立て直すと七五三でも着用できます。 袖を大名袖から丸みをつけて仕立て、肩揚げ、腰揚げをし、紐位置を変更いたします。 三歳の七五三では間違えなく着れますが、五歳の七五三では、子供様の体系によっては着れないこともございます。 こちらからお宮参りの詳しい情報がご覧になれます。

鹿児島でお宮参りの着物をお探しなら、渡久へお任せください。

地域No.1の品揃えと、圧倒的な価格で取り揃えております。店頭同価格にてお宮参りの着物を販売していますので安心!! オンラインショップでお気に入りのお宮参り着物を絞られてご来店いただけますと選びやすいです