きもの渡久

鹿児島市の着物屋 渡久。七五三や成人式の振袖、訪問着など多数取り揃えております。

七五三・七草祝い

渡久では、七五三・七草用の着物を
お求めやすい価格で多数取り揃えております。

着物は購入したけど、写真はどこで撮ろう?
とのお客様の声をもとに渡久専用スタジオにて、記念写真が撮れるようになりました。

七五三とは

平安時代から七歳・五歳・三歳の別々に行われてきた儀式を三つまとめて行うようになったのが「七五三」です。

七五三 三歳

三歳児の祝いの起こりは「髪置の儀」です。平安時代は男女とも誕生して七日目に産毛を剃り、三歳までは坊主頭でした。三歳の春から髪を伸ばし始めます。子供を碁盤の上にのせ、髪置親を立て、白い菅糸で作ったかづらをかぶせて「髪置の儀」をし、それから髪を伸ばし始めるのです。女児は最初はおかっぱに、やがて前髪が伸びてくると振り分けに、その後おすべらかにし、以後、夫に先立たれることでもなければ生涯髪を切らなかったといわれます。

七五三 五歳

五歳児の祝いは、平安時代、公家階級で行われていた「袴着の儀(着袴の儀)」が原型となったものです。男女ともに三~四歳から六~七歳のときに初めて袴をつける儀式です。子供が動かないように碁盤の上に立たせ、腰結いの役の人が袴を着けました。平安時代は吉日でしたが、室町時代に十一月十五日に定められました。江戸時代以後は男子のみの風習になりました。

七五三 七歳

七歳児の祝いは「帯解の儀(帯直し)」が原型になったもので、「紐落とし」ともいいますが、平安時代にはこの祝はありませんでした。鎌倉時代に入り、子供は着物に紐をつけてきていましたが、この紐を取って帯を結ぶ儀式が始まります。「帯解の儀」となったのは室町時代からです。当初は男女とも九歳で行われていましたが、江戸末期からは男児五歳、女児七歳となり、武家も庶民も十一月十五日に定められました。

七草

七草祝いとは1月7日に7歳になった子供が神社にお参りに行きお椀を持って親戚などの家を7軒回って七草粥を頂く、鹿児島だけで執り行う儀礼。

七五三 Q&A

七五三に関するよくあるご質問をまとめてみました。ご参考にしてみてください。

Q:七五三の祝い方は?
A子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつですので、お祝いする気持ちがなにより大切。
一般的には、家族で写真撮影、神社で参拝、そして家族で食事するスタイルが多いですが、いくらかけるかは、それぞれのご家庭の考え方でいいのではないでしょうか。
有名神社までわざわざ出かけなくても、近くの神社でいいのです。家族そろってお食事会などして、子どもの成長をお祝いしてあげましょう。

Q:七五三をする時期は何月何日~何月何日までと決まっているの?
Aいつからいつまでと決まっていません。11月15日にお祝いするのは、日の吉凶を占う方式の一つに二十八宿(にじゅうはっしゅく)というのがあり、その二十八宿のうちで最良の吉日とされたのが「鬼宿日(きじゅくにち)」であること。
また霜月祭りの日(家業に関係深い神々を祭る日)などいろいろ説があるようです。最近は11月15日にこだわらず、10月から11月の休日など、ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。

Q:早生まれの子は数え年か満年齢のどちらでお祝いすべき?
A昔は生まれた年を一歳として計算する「数え年」で行われていましたが、現在は生まれた翌年の誕生日を一歳とする「満年齢」で行われます。
しかしどちらにもこだわらずにお祝いしても大丈夫です。

Q:兄弟一緒に七五三をしてもよい?
A:三歳と五歳で兄弟一緒でもOKです!
昔は男子は数え年の三歳と五歳、女子は三歳と七歳で祝いましたが、現在では満年齢で男子が五歳(地方によって三歳も)、女子が三歳、七歳でお祝いする事が一般的になっています。
兄弟姉妹がいるときは、年齢にこだわらずにやっていけないことはありません。

Q:神社への謝礼ってどのくらいするもの?
A:七五三の時期、神社は込み合うことが多いので事前に連絡しておきましょう。
その時に神社への謝礼の金額を確認しておきます。神社によっては規定料金を設定している場合もあります。
だいたい三千円から一万円ぐらいの範囲です。このときの祝儀袋の様式の結びは蝶結び、水引は紅白、表書きは「御初穂料」「御玉串料」です。
また、白封筒でもかまいません。名前は子供の名前で年齢を書きます。

Q:七五三のお返しは、お赤飯と千歳飴でよい?
A:住む地域によってしきたりや習慣が違いますが、子どもの祝いである七五三は、本来はお返しをしません。
千歳飴や、赤飯、菓子折り程度を謝礼としてお返しすることが一般化してきています。場合によっては、子どもの名前で内祝いとして贈られてもよいでしょう。いただいた金額の半額から三分の一程度が目安。

Q:草履を上手に、長く履くコツは?
A:最近では、1年中靴下を履かない習慣がついていますよね。着付けのときに嫌がる足袋も履く練習をすると当日は、いやがらずにスムーズにいけますよ。
また草履のかかと部分にゴムをつけて工夫をしてみて下さい。歩きやすくなります。かかとゴムは当社でも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。