きもの渡久

鹿児島市の着物屋 渡久。七五三や成人式の振袖、訪問着など多数取り揃えております。

七五三 三歳

七五三 三歳
三歳児の祝いの起こりは「髪置の儀」です。平安時代は男女とも誕生して七日目に産毛を剃り、三歳までは坊主頭でした。
三歳の春から髪を伸ばし始めます。子供を碁盤の上にのせ、髪置親を立て、白い菅糸で作ったかづらをかぶせて「髪置の儀」をし、それから髪を伸ばし始めるのです。女児は最初はおかっぱに、やがて前髪が伸びてくると振り分けに、その後おすべらかにし、以後、夫に先立たれることでもなければ生涯髪を切らなかったといわれます。

三歳の七五三で必要な物

被布コートは、着物の上に羽織る上着のことで、一番外側のベストの様なもののことです。
着物というと、襦袢を着て、着物を着て、帯を締めて…と思いがちですが、三歳のお子様が長い時間帯を締めて過ごすのは大変。ということで今は被布コートを着せたスタイルが主流です。





被布以外に何を準備すればいいの?

被布コート以外に準備しなければいけないものはたくさんございますが、きもの渡久では、必要なものがすべて揃ったセットをご用意してあります!お手元に届いた瞬間からすぐ着せることが出来ます♪
もちろん被布コートの単品や、それ以外の単品も多数取り揃えております!
お値段もポリエステルを使ったリーズナブルな物から、正絹を使った華やかな物まで、常時数十種類ご準備しております♪

お宮参りで着た着物も七五三用にお仕立て可能です!

お宮参りで着られたお着物も、七五三用にお仕立て直しも可能です!お気軽にお問い合わせください♪